もし株の収益に+αが付けばお得感が増すと思いませんか?気持ちの面でも嬉しくなれる株主優待について解説します。

打ち合わせしている男女
  • ホーム
  • 株主優待のないユニクロの株主は少ない?

株主優待のないユニクロの株主は少ない?

株式投資を行おうと思っている人であるならば、いったいどの銘柄を買えばよいのかと思いを巡らしたことがあるのでしょうか。
そういう人の中には、「ユニクロ」なんか良いのではないかと考えた方も多くおられることでしょう。
すなわち、テレビなどのメディアでも、「ユニクロ」の話題はよく取り上げられますし、成長性もあるのではないかと思えるわけです。
そのように考える人が多いということは、「ユニクロ」の株主というのはけっこうたくさんいるのではないかと思ってしまいがちですが、実は同社の株主は意外と少ないのです。
それでは、なぜ同社の株主は少ないのでしょうか。

まず、同社の株価がかなり高くなってしまっているという点があげられます。
すなわち、同社の株価は現在30,000円以上にもなっていますから、最低売買単位の100株を買うとしますと、300万円以上も払わなければ株式を購入できないということになります。
これでは、いくら買いたいという人がたくさんいたとしても、おいそれと株を購入することはできないわけです。
それと、最近は株主優待制度を設けている企業が増えていますが、同社はこの株主優待制度を採用していません。
消費者が直接購入する商品を扱っているわけですから、株主優待制度とは親和性のある企業ということができますが、なぜか株主優待制度は採用していません。
ですから、優待を狙った買いも入らないというわけです。

このように見ていきますと、「ユニクロ」は個人投資家にとって決して買いやすい銘柄とは言えないでしょう。
ただ、逆の見方をしてみますと、株価が高くて優待制度がなくても、同社株を買いたいという需要と人気がある企業なのであると言えるのかもしれません。

それでは、誰が同社株を買っているのかと言いますと、国内の機関投資家や外国の機関投資家が中心であると言うことができます。
最近も、日本銀行のETF買いによって、日本銀行が同社の筆頭株主になったという報道がありました。
ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、不特定多数の株式銘柄の組み入れられたファンドを株式市場で売り買いできるようにした金融商品のことです。
例えば、日経平均225採用銘柄のETFを日本銀行が購入したとしますと、日経平均225に占める「ユニクロ」のパーセンテージが大きいので、結果的に日本銀行は同社株を大量に保有するということになってしまうわけなのです。

人気記事一覧