もし株の収益に+αが付けばお得感が増すと思いませんか?気持ちの面でも嬉しくなれる株主優待について解説します。

打ち合わせしている男女
株式のグラフ

株主優待を提供している企業は数多くあります。
今では株主優待人気銘柄ランキングがあるほどですが、実際に投資をするに当たっても、このような優待を提供しているかどうか、その優待の内容が自分にとって嬉しいものかどうかで判断しているという人も多いでしょう。
確かに、それはそれで立派な一つの考え方であり、別に間違っているわけではありません。
ですが、投資家の立場だけから物を考えるのではなく、企業側の立場にたって物を考えてみるのも悪くないでしょう。
物事には表と裏があります。
どちらも知ることでよりはっきりと意味がつかめることもあるからです。

一体、株主優待をする企業は何を考えてそんなことをしているのでしょう、メリットには何があるのでしょうか。
少し考えてみると、優待では持っている株式数に応じて自社の商品、自社のサービスを投資家に提供するわけです。
これは当然ながらタダでできるはずはありません。
商品にせよサービスにせよ、原価、人件費がかかっているわけで、それはゼロではありません。
投資家が優待をもらえる分、企業としては持ち出しとなります。
つまりデメリットです。
となると、企業としては、このデメリットを上回るメリットがあると考えているからこそ、株主優待を続けているということになります。

それは何か、結局のところは、優待を嬉しいと思ってくれる株主を増やしたいのです。
企業にしてみれば、株価だけを気にして、上がりそうだと思ったら買い、実際に上がれば売るような人は、いては困るとまではもちろん言えませんが、株価をさほど気にせず安定的に持ち続けてくれる人に比べれば、あまりありがたくない存在なのです。
これは株式の基本に立ち返れば理解できるでしょう。

株式会社が株式を発行するのは、一義的には資金調達のためです。
事業運営には多くのお金がかかります。
そのお金を出してくれる人を募集するのが株式発行です。

当然ながら、そのときどきの事業運営の多少の好不調によって、必要なお金の量が大きく変わるはずはありません。
事業の調子が多少よいときも、多少悪いときも、会社を運営していくためには等しく安定的にお金が必要なのです。
この意味で、株価にかかわらず、常に株式を持ち続けてくれる人は企業にとってありがたい存在です。
目先の業績に一喜一憂することなく長期の資金計画が立てられるからです。
これがメリットなのです。
自社の商品やサービスを提供するのは、当然ながら市場価格に比べれば原価は安いため企業にとってさほど大きなデメリットではなく、メリットのほうが大きいと考えているわけです。

株主優待には興味があるけど株式投資について仕組みがわからないという方は株入門サイトで情報を得るのが良いでしょう。
株の初心者向けにわかりやすく解説されていますし、慣れてきたらお得な株主優待を選んで投資してみるのがお勧めです。
いまやインターネットで何でも情報を得られる時代になりましたので、使いこなせれば非常に便利と言えるでしょう。